古本
古本
古本買取
Arrow
Arrow

古本店で売れる古本の売り上げ

古本店の売上げは? 勿論、内部の人聞には分かっている。しかし外部の人にこれをきかれて答えに窮さない古本屋はいないと思う。税務署が怖いからだろう?と、古本が高すぎる、古本買取は暴利だとおっしゃるお客様は言いそうである。「そうなんです」と言えばかっとうはいいのだろうが、そうではない。その売上げ額の少なさに恥ずかしくて言えないというのが大部分の業者の実態なのだ。儲けるなどというには、実はほど遠いのである。ではやって、合うのか合わないのか? 合うわけがないのである。合理性だけの人は古本屋など始めないし、まして古本買取などやらないであろう。それなら何故古本屋は古書展などやるのか? 一人は義理、 一人は見栄、 一人はお客獲得、一人は社会奉仕、一人は社会的使命、
以上の如く実態は様々であるが、勿論、心一の中で思っているのは金儲けである。ただ中々どうして実利が上がらないだけの話である。