古本屋の苦悩

デパートの古書展で言うなら、デパートが古本屋に場所を提供すること自体、営利だけとは考えられないのである。デパート側に立って考えると、古本屋から売上げの一割くらいを吸い上げて見たところで、営利だけを目的としているなら、見合う数字が出る筈はないのである。デパ ートなどは、企業としても合理性の最先端を行くものであろう、それが合理性だけで古本屋を扱うと私には思えるのである。
原価二千円の本を、経験と見識で一万円に売る場合だって、古本屋には確かにあるかもしれな
ぃ。しかしそれはつげ値である。 一万円で売れず、だんだん下げて、とうとう五百円で売れたとい
う場合も古本屋にはある。また絶版書を八千円で仕入れたのに、新版が出来ていて古版だったり、
手頃な文庫本で出ているのに気づいたりして、千円にしか売債をつけられなかったという場合もあ
る。一万円で仕入れた文学書の初版本が、持ち廻っているうちに原型が破壊されてしまって、二束
三文になってしまう場合もある。万引されて、まるで奇術のように影も形もなくなってしまう場合
さえ古本屋にはある。その本の本体よりも高価な帯だけが消えてしまっている時もある。
お客様は、 一冊々々の古本の売値にこれほどの経費と労苦とが入っていることを知らない。また
みとめようとはしない。本当は古本屋だって人件費くらいの儲けを本にかけていいのではないか、
とはお客様は言ってくれない。第一、古本屋は初めから人件費などかけていないのである。し
かし古書展で店番する古本屋の人件費など考えたこともなく、たまたまその一冊について「高い」
「暴利」というなら、原価など何もない、体一つの勤め人の給料をこそ暴利というのではないだろうか?
少し言いすぎたろうか? いや、そんなことはない。古本屋に限っては生活必需品を売ってはい
ない。めったなことではセールスもしない。この本はこんなに良い内容ですとも声高に叫ぴもしな
ぃ。さりげなく本の題名と著者を活字にし、気に入ったものがお自にとまりましたら御注文下さい
とだげ言って出品目録は屈けられる。そして会場ではどう触れようと文句一つ言わず本が並べられ
ているのだ。買おうと買うまいと、お客様の自由なのだ。うったえるのは著者である。その本に詰
め込まれた内容である。本の造りの美しきである。その保存状態である。お客様はその本が気に入
り、そして予算が合うなら買ってくださるであろう。
そうして、損得で言って見ても、儲けているのがお客様の側であることは、古書展を五年、十
年、十五年とさかのぼって調べて見れば明白ではないか。

PICK UP*おすすめの古本買取の専門店:スマイルブック