古本
古本
古本買取
Arrow
Arrow

古本屋の大変さ

たまにデパートの空きスペースで古書展が開催されていることがあります。デパートにとってこれは営利だけが目的なのでしょうか。たとえ、古本屋から売上の一割程度を受け取ったとしても、ビジネスとして考えたらあまり効率が良いとはいえません。

古本屋では原価二千円の本を、一万円で売ることがあります。しかし、それはあくまで付け値であり、一万円ではまったく売れず、少しずつ値下げをして五百円でやっと売れることもあります。また、絶版になった本を仕入れたと思ったら新版が発売されていて旧版となっていたり、文庫になっていてたいした値を付けられなかったりというケースも有り得ます。

別のケースでは、一万円で手に入れた初版本が、持ち回っているうちに原型がくずれてしまい二束三文の価値になってしまったという話を聞いたこともあります。さらに、どんなに高価な本でも万引されてしまったら1円にもなりません。悪質な万引き犯ともなると、本より高価な帯だけを盗んでいくこともあるそうです。
お客さんは古本屋に並ぶ商品にどのくらいの経費や苦労がかかっているかは知りません。

古本買取や店番などの人件費くらいの儲けを加えてもいいんじゃないかとは、お客さんは言ってくれません。